エルビオリス社のジェモレメディ ―摘み取りのこだわり―

2019.8.1

持田恵梨子
エルビオリス社のジェモレメディ ―摘み取りのこだわり―

クオリティーが高く、自然に寄り添った、高レベル品質のエルビオリス社のジェモ製品は、フランスの南東部の自然豊かなオートザルプ地方で作られています。

フランス本社からブノワ社長が来日された時に、ジェモレメディのこだわりの製法についてお話を伺いました。

エルビオリス社のジェモセラピーの素晴らしさは、オーガニックで安心安全な植物の持つ効能効果だけではなく、まずは環境への配慮から始まっているといっても過言ではない考え方、こだわり、自然への感謝や優しい気持ちがたくさん詰まっています。

 

現代の人たちの役に立ちたいという思いと同時に、未来の環境についての責任も感じて日々ジェモレメディを作っています。 (ブノワ社長)

 

「植物の芽を摘む」というのは、少なからず環境を破壊している行為ですが、

自然を大切に、樹々が弱ってしまわないよう摘み取りから厳格なルールを設けています。

 

 

植物療法のプロフェッショナルな研究所の方々は、どこに行けばピュアな植物があるか周知していて、
摘み取りの前には、必ず、湖の水で手を洗い。ここで摘んでも良いか植物に聞いて、植物と大地に感謝の気持ちを伝えてから、手で摘み取ります。

摘み取る新芽の量は、たくさん摘んでたくさん凝縮する。のではなく、
新芽の最適な使用量を摘むことでクオリティーの高い製品を作ります。

次回は摘み取り後の製法についてお伝えします。

 

作り手の笑顔と感謝、大地の恵みが詰まったジェモセラピー、初回のご相談は無料です。

初回ご相談はこちらから