夏を迎える前の季節の変わり目、梅雨の季節に便利

2019.5.30

水上繭子
夏を迎える前の季節の変わり目、梅雨の季節に便利

季節の変わり目は、新しい季節にふさわしい身体になるためのデトックスのとき。身体を冷やさないように、そして食事がいつもきちんと消化できるように胃腸を整えておくことで、細胞の代謝が高まります。愛する自分の身体のための商品、そして大切な方への贈答品をご紹介します。

Nature and Creation:この季節、気温調節に最適なネパールの高品質パシュミナストール

少しずつ汗ばむ季節になってきましたが、夏を迎える前の季節の変わり目には肌寒い日もあれば、梅雨の雨と冷房とで身体を冷やす季節でもあります。

そんな時、湿気を吸い込み、身体を保温しつつ、肌触りも心地よいストールが一枚あると本当に安心します。

パシュミナはヒマラヤ山脈の標高4000~5000メートルの高地に生息する山羊の毛を原料とした毛織物です。

チャングラと呼ばれるこの山羊の胸の部分の柔らかい毛は、年に一度春に採取されます。

数多くの工程を経て繊細な産毛をより分け、手紡ぎし、手織りされたのがこのパシュミナストールです。

特に女性に人気のクリーム色は、上品な天然のクリーム色と極上の肌触りで他のカシミヤとも一線を画します。

茶色の山羊が多い中、より集めた明るい色の毛から作られているため、希少価値という点でも普遍的価値を有する一品です。

また、ヒマラヤは神々が住まう地球のパワースポットで「癒し」と「パワーチャージ」のエネルギーです。

ヒマラヤの上空には輝くオーラが広がっています。

そんな神々の大地の草を食み、太陽と月の光を浴びて育った山羊の産毛は、あなたのお守りにもなるでしょう。

肌触りが心地よく、どの季節でも、またカジュアルにも上質な装いにもお使いいただけて、旅行や出張にも重宝します。

パシュミナストール クリーム系生成り

Nature and Creation 商品はこちら

SUNIL(スニル):身体がだるくなったら、胃腸によいハーブティを

梅雨の湿気や蒸し暑さ、気温の変化で身体がだるくなったら、ハーブティをおススメします。

緑のスニルティは、胃腸によいハーブティです。

胃腸にたまった老廃物(残留農薬や食品添加物など)を体外に排出し、胃腸が活発になり、湿気からくる食欲不振や胃腸の重さも解消されます。

赤のスニルティは、血液や内臓によいハーブティです。心臓や血液、肝臓の働きをよくしてくれます。

アトピー、アレルギー、肌の不調にも。

カップにティ‐スプーン1/3くらいのハーブの粉を入れて、お湯を300CCほどいれます。

ハーブが沈んだら飲みます。沈んだハーブの粉の飲んだ方がより効果的です。

炊飯器にティースプーン1杯入れて、ご飯と一緒に炊き込むこともできます。

体調に合わせて、緑か赤をお選びください。

また、さらなる効果を期待したい方は、2種類をそれぞれ、一日に3杯ずつ(朝は緑、夜は赤)を飲むことで、よりデトックスされていきます。

スニルティー

SUNIL(スニル)商品はこちら

La petite patisserie de Mirayne(ミレイネ):少量で上質な贈り物

贈答シーズンは、同時に贈り物が届くので、日持ちがすることと、少量で上質な品物であることがよいでしょう。

身体にも地球にも優しいものを選ぶという想いは、きっと循環していくことでしょう。

ミレイネ

La petite patisserie de Mirayne(ミレイネ)商品はこちら